ストレス社会で

女性患者に聴診器を当てる看護婦

ストレスで神経をすり減らしていると胃に負担がかかりすぐに調子を悪くしてしまいます。胃がんは早期発見が大切です。もし胃が痛いなど不調があればクリニックに行って胃カメラをしてもらいましょう。

Read more »


安く治療できる

男性性患者に聴診器を当てる看護婦

後縦靭帯骨化症は、発症すると手足のしびれから始まり、やがては歩行にも障害が現れるため、日常生活に大きな支障をきたす病気です。特定疾患難病者登録証の使用で、こうした症状の治療を安く行なえます。

Read more »


自然消滅を促す

カルテに記入する看護婦

 フコイダン療法とは、がんの治療方法の一種です。フコイダンとは食物繊維の一種で、昆布やワカメ等に多く含まれています。こうした海藻類のネバネバとした部分に含まれているのです。  このフコイダン療法は、従来のがん治療とはアプローチの仕方が違うという特徴があります。従来のがん治療は、がん細胞を攻撃して退治するという方法です。それに対してフコイダン療法は、がん細胞が自然消滅をするように促すという作用の仕方をするのです。  通常、がん細胞というものは自然消滅をする事はなく、どこまでも増殖を続けます。しかし、このがん細胞にフコイダンを加えると、自然消滅が誘導される事が研究で発見されたのです。この特徴を生かしたのが、フコイダン療法になります。

 具体的なフコイダン療法のやり方についてですが、これはフコイダンを摂取するだけという非常に簡単なものです。具体的には、漢方薬局や正規販売店でフコイダンを購入する事から始まります。金額は数万円程度になる事が多いとされています。  無事に購入出来たら、実際に摂取を開始します。どの程度を摂取するのが良いかは人それぞれなので、信頼できる薬剤師や担当医師に相談をするのが良いです。  フコイダンは健康食品の一種でもあります。そのためがん治療においては、この方法と放射線治療等を併用をするのが一般的です。なので、フコイダン療法を始めたい場合には、必ず担当医師に相談する事が大切です。担当医師の理解を得て治療を進める事で、より高い効果を期待する事が出来るようになります。


血管の奇形

巡回診察をする医師たち

脳動静脈奇形は血管の奇形の一種で原因は不明とされています。症状として危険なのが、脳内出血です。脳内出血が起きてしまうと障害が残り日常生活を送れなくなります。そのため治療は早めにしておきましょう。

Read more »